日焼けをしていると脱毛ができない?

エステなどで脱毛しようと考えている方へ。
脱毛をしたいときは“日焼けをしないように”気をつけましょう。

 

日焼けをしていると、脱毛ができない/脱毛時に肌トラブルが起きる恐れがあるためです。

 

なぜ日焼けをしてはいけないの?

多くのエステで採用されているのは光脱毛という方法。
色素に反応する光を肌にあて、毛根の色素にダメージを与えて脱毛を促すものです。

 

通常、その光は毛根だけに反応しますが、日焼けをしていると(毛根だけでなく)焼けた肌の色にまで光が反応してしまう恐れがあります。そうなれば、肌が傷ついてしまうため、“日焼けをしていると脱毛ができない”のです。

 

また、脱毛後も日焼けはいけません。
脱毛施術を受けた直後の肌は、(一時的に)軽いダメージを受け、いつも以上に紫外線などの影響を受けやすくなっているのです。そのため、脱毛直後に日焼けをすると、シミやシワができやすく、さらに炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

ですから、脱毛に取組んでいるときは、紫外線対策を徹底し、日焼けをしないように気をつける必要があるのです。

 

脱毛直後の肌は紫外線に対して無防備な状態

脱毛をすると、肌のバリア機能が一時的に低下します。
つまり、脱毛直後の肌は、紫外線などの刺激に対して無防備な状態なのです。

 

通常なら、軽く日焼けをしても数日で肌は元の状態にもどります。ですが、脱毛直後の肌は、ちょっとした刺激でもトラブルを起こしかねないので要注意。軽い日焼け程度でも、それがシミとして肌に残ってしまうことがあるのです。

 

脱毛中は、いつも以上に保湿・紫外線対策に気を配ってください。
また、肌にシミや色素沈着がある場合は、エステに相談しましょう。
(エステでの)美白ケアと脱毛を組合わせるなどすれば、効果的に脱毛が進められます。

 

脱毛前後は保湿&紫外線対策を

脱毛施術を受けた直後に日焼けをしてしまうと、肌が炎症を起こす場合があります。
赤みや痒みがでたときは、まず冷やして保湿をしましょう。それでも赤みや痒みがひかないのであれば、サロンに連絡して病院を紹介してもらうようにして下さい。

 

肌トラブルが起きてしまうと、脱毛施術が計画通りに受けられなくなってしまいます。
脱毛をスムーズにするため、また脱毛の仕上りをよくするためにも、肌トラブルが起きないように保湿&紫外線対策を行い、日焼け・肌トラブルから肌を守りましょう。

こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ