エステで脱毛を受けたのに毛が硬く太くなってしまった・・・なぜ?

ムダ毛の処理を行う過程において生じてしまう「硬毛化」についてご存知ですか。処理したはずなのに、以前よりももっと太く硬いムダ毛が生じてしまった、これではせっかくの脱毛処理も無駄になってしまいます。硬毛化はエステでの脱毛処理だけで起きるとは限りません。レーザーによる脱毛処理を行う医療クリニックでも、硬毛化が起こることがあるといわれていますので、エステやクリニックでの脱毛をお考えの方は、その原因と対策について知っておくようにしましょう。

 

硬毛化の発生原因を探る

エステでの脱毛はフラッシュ脱毛、クリニックでの脱毛はレーザー脱毛が主流ですが、これらはどちらも毛根部分の黒い色素にはたらきかけ、ムダ毛を処理していきます。では脱毛処理を受けるとなぜ硬毛化が起きるかですが、これは特殊な光やレーザーが、まだ未発達である色の薄い体毛にはたらきかけ、その成長を促進してしまうことにより起きると考えられています。硬毛化だけでなく、時として多毛化と呼ばれる症状も表れることがありますが、これは毛根から複数の体毛が生えてくることを指します。

 

硬毛化の起きやすい部位と起きにくい部位

硬毛化は体のすべての部分で起きるわけではありません。体毛の薄い場所、つまり産毛や細いムダ毛がたくさん生えている場所には、硬毛化が出やすいとされています。背中、腕、顔、背中などは産毛が多く、色の薄い体毛が多い場所に限って、硬毛化は起こります。しかし体毛が最初から濃い部分、たとえば脇やVIOなどの場所には、あまり硬毛化は見られないといわれています。

 

硬毛化が生じた場合の対策法について

まず硬毛化が起こらないようにとの配慮から、エステの中には照射出力を少し上げて行うところもあるようです。すでに硬毛化が発生してしまった場合には、これらを確実に処理するように丁寧に処理することが求められます。エステの光脱毛で硬毛化したムダ毛を処理するには、出力を上げたり、回数を多くして処理します。他にはムダ毛の本数が少なければ、ニードル脱毛で処理することも可能です ニードル脱毛なら一本一本のムダ毛を確実に処理することが出来ます。さらに硬毛化のことが心配な方にお勧めなのは、硬毛化に対する保証プランのあるエステを選ぶことです。脱毛処理を受ける前にあらかじめカウンセリングの場などで、硬毛化に対する対策について尋ねておくようにしましょう。

こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ