脱毛当日は確実にお酒を控えること

エステで脱毛を行う上で注意しておかなければいけない点には、さまざまなことがあります。その中でも特に重要になるのは、飲酒についてです。脱毛を行った直後は当然ですが、それだけにかぎらず、脱毛を行う前にもお酒を飲むことは避けるようにしましょう。

 

脱毛後すぐにお酒を飲むと何がよくないのか

脱毛後にすぐ飲酒をすると肌トラブルの原因になりかねません。これにはいくつかの理由が挙げられますが、基本的に良くないのは体温が上がってしまう点です。飲酒には血の巡りを良くする働きがあるためですが、これ自体はけっして健康にとって悪いことではありません。ただ、脱毛を行ってすぐの状態では肌に熱がこもってしまっています。そこで飲酒をしてしまうと、さらにその状態を進めて、結果として肌の赤み、あるいはかゆみや炎症といった症状を引き起こす原因となりかねないのです。

 

また、体温が上がるということはそれだけ汗をかきやすい状態でもあります。この汗が脱毛をしたばかりの肌にとって良くなく、毛穴に入って「毛嚢炎」と呼ばれる炎症を引き起こしてしまいます。脱毛を行ったその日のうちは、確実にお酒を控えるようにしましょう。それによって、このようなトラブルは防ぐことができるのです。

 

脱毛行う前にもお酒は飲まないようにする

お酒を飲むことを控えるのは、脱毛を行う前にも同じことがいえます。なぜなら、上で述べたような肌トラブルは、体内にアルコールが残っている状態でもやはり同じように起こりやすくなってしまうからです。それだけではなく、アルコールを分解するためにエネルギーの消費が必要になるため、その分免疫力が下がりやすくなってしまいます。すると、よけいに肌の炎症などが起こりやすい状態になってしまうわけです。

 

特に普段からよくお酒を飲む習慣のある人は、少なくとも脱毛を行う前後3日間はお酒を控えるようにしてください。忘年会や新年会など、あらかじめ飲む場面が分かっているときには、エステの予約と重ならないように注意しましょう。どうしても飲まなければならない場面があれば、ノンアルコールビールなどを飲んで工夫するようにしましょう。

こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ