毛抜きを使ってムダ毛処理は危険!?どんな影響を及ぼすのでしょうか

一般的にムダ毛の処理には様々な方法があります。脱毛エステに行ったり、自分で処理するという選択肢もあります。自分で処理している方の中でも、剃刀で剃る派と、毛抜きやピンセットなどで抜く派に分かれていますよね。抜く派の方は特にヒゲや眉毛などの目立つ部分をしているという人が多いようです。しかし、間違った自己処理での脱毛というのは、様々な肌トラブルの原因になるのです。

 

抜くという脱毛方法はお肌にどう影響するのか

実際に「抜く」という脱毛方法だと、肌にどんな影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

毛嚢炎

毛嚢炎というのは、毛穴の中で炎症を起こしてしまっている状態のことをいいます。ムダ毛を無理やり抜くと、毛穴が開いた状態になります。その毛穴に雑菌が侵入し、炎症などを引き起こしてしまうのです。特に身体が疲れていたりすると、免疫力も低下していますので、毛嚢炎を起こす可能性も高くなります。また、抜くことを繰り返していくと、毛穴が広がってしまい、毛嚢炎になるリスクも高まります。

 

埋没毛

ムダ毛を抜いていると途中で毛が切れてしまったということがあると思います。そういうものの一部が毛穴の中に残り、毛が埋没した状態になってしまうのです。この埋没毛が残ってしまうと、毛穴の中で毛が成長を続け、しだいに黒くなってしまいます。しばらく時間が経てば、自然と肌の中で分解され消えますが、肌の代謝が衰えていると炎症や色素沈着といった肌トラブルの原因にもなります。

 

色素沈着(黒ずみ)

ムダ毛を抜くというのは、肌にとってとても強い刺激を与えていることになります。肌に刺激を与えてしまうと、色素沈着を引き起こす場合があります。色素沈着は一度なってしまうと治るまで長い時間がかかります。しかも、肌の代謝が衰えた状態だと治るどころかずっと残ってしまうなんて最悪な場合もあるようです。

 

やはり、ムダ毛には脱毛エステがおすすめ

上記のように、ムダ毛を自分で抜くというのは、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。ですのでお肌のことを考えると、脱毛エステの利用が最適だと思います。一般的な脱毛エステで使われている光脱毛ならば、なるべく肌に負担をかけずに済みます。負担がかからないと、その分肌トラブルになる可能性も低くなるのです。また、医療機関と提携している大手の脱毛エステも多いので、肌トラブルが発生した場合、医療機関の紹介を受け、迅速に医師に診断してもらうことができます。脱毛エステでは初めての方でも安心の体験コースがある所もありますので、まずは気軽に試してみるのもいいかもしれません。

こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ