家庭用脱毛器・業務用脱毛器を比べるとどこが違うの?

脱毛処理には大きく分けて二つの方法があります。一つは自宅で自分自身で行う自己処理、そしてもう一つはエステサロンや医療クリニックで脱毛を受ける方法です。自宅で脱毛処理を行う場合にあると便利なのが、家庭用の脱毛器、最近ではエステなどで使われる業務用脱毛器と変わらないクオリティのものも出回るようになりました。この家庭用脱毛器を購入するか、それともやはりエステで脱毛処理を受けるか、迷ってしまう方も多いようなので、今回はこの2種類の脱毛器の違いとポイントなどについてまとめてみました。

 

ここが違う!業務用脱毛器と家庭用脱毛器

エステなどで使用される業務用脱毛器は、毎日たくさんの施術を行いますので、それなりの持久性と確かな性能を備えていなければなりません。処理を受けられる方の負担が出来るだけ少なくなるよう、一度に照射できる面積が広く、そして出力も大きいことが特徴です。では家庭用脱毛器の特徴とは何でしょうか。業務用のものに較べると性能が落ちると思われるかもしれませんが、最近ではエステで使われているのとほぼ同じ性能を備えたものもあります。家庭用脱毛器はサイズ的にコンパクトなものが多いのですが、それでも連続ショット機能や出力を調整できる機能を備えたものもたくさん販売されています。以前に比べると家庭用脱毛器は明らかに進化しています。

 

それぞれのメリットとデメリットを知る

 

業務用脱毛器の場合

メリットは経験と知識を積んだエステティシャンが丁寧に処理してくれるということ。自分では出来ない範囲の脱毛も安心して任せられるのがポイントです。逆にデメリットとして挙げられるのは費用を捻出しなければならないこと。またエステサロンまで通う手間や時間もかかります。エステによっては予約を取るのがなかなか難しいところもあり、そのへんがデメリットになります。

 

家庭用脱毛器の場合

メリットは自分の都合に合わせて、いつでも処理できること。費用に関しても一度購入すればあとはカートリッジなどの消耗品以外には余分なコストはありません。ただし消耗品にかかる費用が予想以上に高い場合もありますので、これはデメリットの一つとして挙げることも出来ます。もう一つのデメリットは自分では手の届かない部位の脱毛が出来ないことになります。

 

以上のように家庭用・業務用、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かります。家事や子育てに忙しく、自分だけの時間が思うように作れない方は、とりあえず家庭用脱毛器で処理するのが便利な方法です。それなりの予算もあり、時間と手間をかけても、経験のあるエステティシャンにじっくり処理してもらいたい方には、エステでの脱毛をお勧めします。

 

こちら

ホーム RSS購読 サイトマップ